セミナーズフェスタに関するお問合せ03-5348-5901お問合せ平日10:00〜18:00

セミナーズフェスタ2014 Autumn 講師紹介

トム・ピーターズ プロフィール

【トム・ピーターズ(Thomas J.Peters)】
伝説のカリスマコンサルタント

過去60年間において、近代的経営のアイディアを形づくったのはピーター・ドラッカーとトム・ピーターズだ、と言っても過言ではない。ドラッカーの考案した経営論は、研究における「発明」レベルだとも言われている。彼は、第二次世界大戦後の大規模、複雑、グローバルな企業成長のマネジメント法を「発明」し、世界的大企業の経営管理に大きく貢献した。そして、ピーターズは、その後1970年代半ばより起こった止めどない経営環境の変化に対するマネジメント手法を率先して導いた。

また、トム・ピーターズの著書の評判は高い。彼が1999年に執筆した「エクセレント・カンパニー(英治出版)」は、NPR(国営公共ラジオ)にて「20世紀の3大ビジネス書のひとつ」と評された。イギリスのブルームズベリー出版社による世論調査では、「史上最高のビジネス書」と評価されている。さらには、約20年間に渡って図書館蔵書ランキングで1位の座を占めている。

「リーダーシップ」の分野で世界的権威であるウォーレン・ベニスは、トム・ピーターズを「ピーター・ドラッカーが近代経営を発明したのなら、トム・ピーターズはそれを高画質で描き直した人物だ。」と表現している。

2010年3月に発行された「エクセレントな仕事人になれ!『抜群力』を発揮する自分づくりのためのヒント163(阪急コミュニケーションズ)」をウォーレン・ベニスは「過去最高のマネジメント書」と称し、改めてトム・ピーターズを高く評価している。

マネジメント産業に発展をもたらしたトム・ピーターズの活躍は出版業界だけにとどまらない。彼は自身のアイディア、著書を反映させたセミナーを開いており、その回数は年30回にものぼる。そのうち半数以上がアメリカ国外での開催となっている(例えば、2009年のある1ヶ月間で、彼は韓国、メキシコ、トルコ、アルゼンチン、クロアチアへと飛び講演を行った)。合計すると、マネジメント研究を始めた1978年以来、ピーターズは500万マイル以上を飛び、48州67カ国、約300万人の前で、2,500回以上ものスピーチを行ったことになる。また、2004年以降自身のブログ「www.tompeters.com」に多大なエネルギーを注いでおり、このブログはマネジメント・リーダーシップ分野のブログ500の中で9位を得るなど、数々の評価を得ている。

 

ジェイ・エイブラハム

【ジェイ・エイブラハム(Jay Abraham)】
全米No.1マーケティングコンサルタント
Abraham Group ,Inc. Founder and CEO
ジェイ・エイブラハムマーケティング大学学長

1949年生まれのアメリカ人。 アメリカのトップマーケティングコンサルタントであり、世界中の企業経営者から 業績向上のアドバイザーとして、絶大なる人気を誇るカリスマ的な存在。

30年以上に渡り、現実的に使うことができるビジネス成長の戦略を提供し、マーケティングの世界をリードし続けている。 エドワード・デミング博士の元で働いた経験をベースに、デミング氏の品質管理と最適化をマーケティングに適用。12,000以上ものクライアント(470の違う業界)に対し、効果計測できているだけで、 70億ドル(1ドル100円換算で、約7,000億円)もの売上向上をもたらしたと言われている。

あの世界的指導者たちのメンターであるアンソニー・ロビンズも直接指導した。ジェイのクライアントは、IBM、シティバンク、マイクロソフトなど世界的な大企業から、 街のクリーニング店、歯科医、税理士などの中小零細企業に至るまで業種を問わず 多岐にわたる。

特に、中小企業に対するマーケティングのアドバイスは、「卓越の戦略」 (Strategy of Preeminence)に代表される深遠な哲学を土台に持ちながらも、 非常に実践的な内容で、効果が高いことが特徴。

 

ジェームス・スキナー

【ジェームス・スキナー (James Skinner)】
経営コンサルタント、評論家、ビジネス作家、セミナー講師

ジェームス・スキナーの略歴 アメリカ合衆国生まれ。 19歳のときに来日。早稲田大学で国際ビジネス論を学び、 アメリカ合衆国大使館、日本電気(NEC)、社会経済生産性本部に所属。

その後、起業家として、財務広報コピーライター、 フランクリン・コヴィー・ジャパン社の日本支社長など、 30社以上の企業を経営。2つの金融グループも設立。 ベストセラー『7つの習慣』を翻訳し、日本でベストセラーにしたことや、 NHKやCNBCなどにおける評論家活動で知られる。 著作『100%』『お金の科学』『成功の9ステップ』などもよく知られている。

現在は、経営コンサルタント、評論家、ビジネス作家、セミナー講師として幅広く活躍中。 1回だけでも劇的な変化をもたらしてくれる成功コーチとして、確固たる地位を築いている。

 

ジム・コリンズ プロフィール

【ジム・コリンズ(Jim Collins)】
『ビジョナリーカンパニー』著者

ジム・コリンズは永続する偉大な企業の生徒であり、教師である。企業がいかに成長し、優れたパフォーマンスを実現し、いかにして偉大な会社となり得るのか。その調査におよそ四半世紀を投じ、6冊の本を執筆。世界中で合計100万部以上のベストセラーとなっている。6年以上に渡りビジネスウィーク誌のベストセラーの定番となった最高傑作の『ビジョナリーカンパニー 時代を超える生存の原則』、35の言語に翻訳されている世界的なベストセラー『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』、偉大な会社でも自滅する可能性があるかについて研究した、ニューヨークタイムズ紙のベストセラー『ビジョナリーカンパニー3 衰退の五段階』がある。

最新の著書はモートン・ハンセンとの共同執筆による、『ビジョナリーカンパニー4 自分の意志で偉大になる』である。9年に及ぶ研究により、「不確実性で混沌とした中でも成功する会社がある一方、成功しない会社もあるのはなぜか?」という疑問に答えている。パフォーマンスのみならず、今日のリーダーたちが直面する不安定な環境のタイプについても言及している点において、それまでの著書と一線を画している。
ジム・コリンズは、執拗なまでの好奇心に突き動かされ研究を開始し、スタンフォード大学経営大学院での教授としてのキャリアも歩み始めた。1992年には最優秀教員賞も受賞している。1995年にはコロラド州ボールダーに研究室を開設し、現在そこで研究をしたり、企業やソーシャルセクターの役員たちのコンサルティングをしている。

スタンフォード大学で経営学と数理科学の学位を取得し、コロラド大学とクレアモント大学院内にあるピーター・F・ドラッカー経営大学院で名誉博士号を取得している。100社以上の上級管理職やCEOたちや、教育や芸術分野から宗教的な組織に至るまで、地元、連邦政府、ヘルスケア、理念に突き動かされた非営利の組織など様々な領域に及ぶソーシャルセクター組織とともに仕事をしてきた。2005年には『ビジョナリーカンパニー 特別編』を発表した。

2012年と2013年には、ウェストポイントにある米陸軍士官学校にて、リーダーシップの研究のため2年間の職務に就いた。士官学校生たちやウェストポイントの教授陣と、偉大なリーダーの構築というトピックについて議論するため、ボールダーにある自分の研究室から通っている。

熱心なロッククライマーでもあり、ヨセミテ渓谷のハーフドームの北面とエルキャピタン北側ルート3000フィートに一日で登ったこともある。

 

ジム・ロジャーズプロフィール

【ジム・ロジャーズ(Jim Rogers)】
世界3大投資家の一人

アラバマ州、デモポリス出身。著者、金融評論家、冒険家、そして世界的に成功している投資家でもある。タイム、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、バロンズ、フォーブス、フォーチュン、ウォールストリートジャーナル、ファイナンシャルタイムズ、ビジネスタイムズ、ストレイトタイムズをはじめ、その他世界中の多くのメディアに頻繁に取り上げられてきた。様々なメディアの解説者やコラムニストとしても登場し、コロンビア大学の教授を務めたこともある。

エール大学とオックスフォード大学に通った後、クォンタムファンドを共同で設立。それ以降の10年間で、S&Pの上昇率が50%にも満たなかったにもかかわらず、ファンドのポートフォリオは4200%の利益を獲得した。そして、37際で引退を決意。自身のポートフォリオの運営を続けながら、コロンビア大学経営大学院でフルタイム教授として金融を教え、さらに1989年と1990年にはTV番組の司会を務めるなどして多忙を極めた。

1990〜1992年には、6大陸をバイクで10万マイル走るという、生涯の夢を実現。その功績はギネスブックに記録された。個人投資家として、彼は自分が投資を念頭に置いて旅した国々を常に分析。バイク乗り投資家としての彼の独特な旅を『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界バイク紀行』という記録に残した。1999年にはミレニアムアドベンチャーにも乗り出し、3年かけて世界一周。これは彼の3度目のギネス記録となった。116ヶ国、24万5000キロ以上を走破した、究極の車での旅については、『冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見』に詳しく書かれている。『ジム・ロジャーズが語る商品の時代』が2004年に出版。著書『中国の時代』には、自身の中国での経験やそこでの変化やチャンスが書かれている。

著書『人生と投資で成功するために』は、ジムの娘に向けた、成功と幸福を見つけるための必要不可欠な手引書。また、彼の最新の回顧録である『冒険投資家ジム・ロジャーズのストリート・スマート:市場の英知で時代を読み解く』が、2013年2月に出版された。

 

神田昌典

【神田昌典(Masanori Kanda)】
経営コンサルタント・作家
日本最大級の読書会『リード・フォー・アクション』発起人

上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。

大学3年次に外交官試験合格、4年次より外務省経済部に勤務。戦略コンサルティング会社、米国家電メーカーの日本代表として活躍後、1998年、経営コンサルタントとして独立。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会(のちに「ダントツ企業実践会」、現在は休会)を創設。同会は、のべ2万人におよぶ経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展、急成長企業の経営者、ベストセラー作家などを多数輩出した。

1998年に作家デビュー。分かりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大し、実用書ブームを切り開いたため、出版界では「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、“日本のトップマーケター”に選出。2012年度、アマゾン年間ベストセラーランキング・ビジネス書部門で、第一位。

2013年、米国より招聘され、自ら開発した思考法「フューチャーマッピング」を講座開催したところ、世界から集まった知的プロフェッショナル200人の間で大絶賛のスタンディングオベーションとなり、2014年からは全世界展開されることになった。

ビジネス分野のみならず、教育界でも精力的な活動を行っており、現在、株式会社ALMACREATIONS代表取締役、公益財団法人・日本生涯教育協議会の理事を務める。

 

近藤 太香巳

【近藤 太香巳 (Takami Kondo)】
株式会社ネクシィーズ 代表取締役社長
パッションリーダーズ 代表理事

1967年11月1日生まれ。19歳の時、50万円を元手に会社を創業し、34歳でナスダック・ジャパン(現ジャスダック)へ株式上場。その後37歳で、2004年当時最年少創業社長として東証一部に上場を果たす。プロモーション&マーケティングを駆使したビジネスモデルでグループ10社にまで成長させ、「旅色」「GOODA」「SUPER CEO」「MALENA」など、発刊する9誌の電子雑誌は日本一の規模を誇る。また伝統文化教育事業ハクビ総合学院、インターネットサービスプロバイダー「Nexyz.BB」を手掛け、DNA健康・美容コンサルティング(ディーナ)、一般社団法人パッションリーダーズなど、常に新たな分野へ挑戦し続けている。

また、早稲田大学や東京大学、一橋大学などでの講演活動も積極的に行い、若者の心を持ち前の情熱でリードしている。JAPAN VENTURE AWARD 2006 最高位 経済産業大臣賞受賞。

 

相川佳之

【相川佳之 (Yoshiyuki Aikawa)】
湘南美容外科クリニック
SBCメディカルクリニック 統括院長

1970 年神奈川県生まれ。 97 年日本大学医学部を卒業。98 年より大手美容外科に勤務し、数万件の美容外科手術を経験。2000 年に独立し、神奈川県藤沢で湘南美容外科クリニックを開業。08 年、ハーバード大学医学部 PGA 所属。脂肪吸引、わきが・多汗症治療などを得意とし、特に高い技術を要求される外科手術で評価を得ている。パッションリーダーズ 理事。

 

池松 耕次

【池松 耕次 (Koji Ikematsu)】

香港で起業し年商1億円を手にするも、29歳で事業仲間に騙され一夜にして5億円もの借金を抱える。資産を全て投げ売り2億円は返済するも、中国マフィアの執拗なまでの取り立てに、うつ病、引きこもり、遂には生きる事に耐えられず自殺をも考える。そんな中で出逢った一冊の成功哲学書。藁をもすがる思いでそこに書かれているノウハウを実践する。するとわずか2年で3億円の借金を完済し、翌年には年商26億円を稼ぎ出すという奇跡の復活を遂げる。以降今日に至るまで7,000万円もの自己投資を重ね、世界中の成功哲学を学ぶ。

現在は小中高校生を対象に社会貢献活動(ボランティア)として「マジカルスクール」(11年継続)や、大人を対象にした「夢叶習慣100分の10」、大規模なスケールで開催される「プラチナパスポート」等、国内外問わず積極的に指導活動にあたる。

アンソニーロビンズ・プラチナパートナー4年間継続。様々な実績と数多くの貢献から今回要請を受け登壇。人生の目的は、世界中の人々に夢と希望と勇気を与え愛ある進化を引き起こす事にある。

 

竹中 平蔵

【竹中 平蔵 (Heizo Takenaka)】

1951年、和歌山県生まれ。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶応義塾大学総合政策学部教授などを務める。

01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退。

現在、慶応義塾大学総合政策学部教授・グローバルセキュリティ研究所所長。ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、株式会社パソナグループ取締役会長などを兼職。

 

堀江貴文

【堀江貴文(Takafumi Horie)】
SNS株式会社ファウンダー

1972年、福岡県生まれ。SNS株式会社ファウンダー。

現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリ「テリヤキ」「焼肉部」「7gogo」のプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。

ホリエモンドットコムでは『テクノロジーが世界を変える』をテーマに、各界のイノベーター達に堀江自らがインタビュワーとなり取材したものを連載中。

同じく毎日更新のブログ、今話題のニュース集めたニュースキュレーションでもワクワクするような情報や独自の見解を発信中!
ホリエモンドットコム http://horiemon.com/

メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万6千人を越える。著書 「ゼロ」「刑務所わず。」など
Twitterアカウント:@takapon_jp

 

和仁 達也

【和仁 達也 (Tatsuya Wani)】
株式会社ワニマネジメントコンサルティング 代表取締役
ビジョナリーパートナー

1972年生まれ。経営者のビジョンと金銭面の成功を支援するビジョナリーパートナー。(株)ワニマネジメントコンサルティング代表取締役。

月給25万円のサラリーマンから独立し、経営コンサルタントに。月1回訪問・月額15万円からスタートし、今では月額30万円以上の顧問先を複数抱え、年間報酬3000万円を軽く超える人気コンサルタントに。顧問契約が長く続く、「パートナー型コンサルティング」の手法で、顧問先の継続実績は平均5?7年。なかには15年以上支援しているクライアント企業も存在する。

この「高額報酬で長期契約が続くパートナー型コンサルティング」を学びたいコンサルタントや士業が殺到し、養成塾や合宿は、常時満員御礼。教材も爆発的に売れている。

ミッションは、「自分のビジョンを実現しながら、周りのビジョン実現化を応援する」こと。とりわけ、「社長と社員の立場の違いからくるコミュニケーション・ギャップ」を解消するノウハウには定評がある。

「難しいことを、わかりやすく楽しく」解説する能力を高く買われ、品川女子学院(高校)では授業にも抜擢。大反響を得て、授業の様子がテレビ番組『カンブリア宮殿』でも紹介された。

著書は7.1万部のロングセラー『世界一受けたいお金の授業』(三笠書房)、発売1カ月で4刷、2.5万部の『年間報酬3000万円超えが10年続くコンサルタントの教科書』(かんき出版)、Amazon総合1位の『夢現力』(ゴマブックス)、全国の歯科医院の10件に1冊読まれている『キャッシュフロー経営って?』(デンタルダイヤモンド社)、『超★ドンブリ経営のすすめ』(ダイヤモンド社)ほか多数。

■公式サイトhttp://www.wani-mc.com/

 

 

 

セミナーズフェスタ2014 Autumn ファシリテーター紹介

和仁 達也

【大森健巳 (Takemi Omori)】

有限会社HLC 代表取締役
ジェイエイブラハムジャパン株式会社 取締役
一般財団法人日本ビジネスセミナー協会講師
ラーニングエッジ認定コンサルタント
ブライアン・トレーシージャパン特別講師
アンソニー・ロビンズ事務局特別講師

ジェイ・エイブラハムのマーケティング理論、アンソニー・ロビンズのコーチングスキル、さらにブライアン・トレーシー、T.ハーブエッカー等のワールドクラスの講師から得た学びを駆使し、クライアントの短期業績アップに貢献する。

2014年4月に幕張メッセで行われた、セミナーズフェスタ2014では、6000人の集うセミナーの進行(ファシリテーション)を行い、アンソニーロビンズと共にセミナーを行った唯一の日本人パートナーとなる。

また、アンソニーロビンズ以外にもロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジェイ・エイブラハムといったワールドクラスの大物講演家達と一緒の舞台に立ち、ファシリテーションを行っている。

「世界に堂々と通じる日本人を育成する」というコンセプトの下、パブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。

政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々に指導を行う。ジェイエイブラハムジャパン取締役副社長として、ジェイ・エイブラハムのマーケティング・コミュニティを日本全国で展開中。

また、アンソニー・ロビンズのコーチングから発想を得た、舞台上から極短時間にライブでコーチングを行い、その場で変化を起こす技術”スタンダップ・コーチング”および”EIコーチング”を開発する。明確な理論によるコンセプト立案、独特の研修・ファシリテーションのスタイルは、「楽しく学べて成果が上がる」と定評がある。

 


チケットお申込み
 

Menu